今流行のドローイングソフトをどのように使い、どのように新しさを取り入れていくか

ドローイングソフトの更新はこまめにすべし

今流行のドローイングソフト

「パソコンで絵を描く」と単純に言っても、どのように書くのかと疑問に思う人も多いと思います。
実際私も昔はよくネットなどで見る多彩な画像や絵は、どこかの専門家の方が作られたもので、一般の私達では作ることができないものであると思っていました。
しかし実際自分の好きな画像を書くことは、素人でもソフトなどを用いれば特別な機材なしで簡単に書くことができます。

皆さんがよくテレビで見る二次元の動画(アニメ)やアニメキャラの画像はすべてパソコンでの編集を経ています。
基本的にやり方は色々ありますが、紙に手書きで書いたものにパソコンのドローイングソフトを用いて色をつけたり、特殊効果を付与したりしている事が多いです。
漫画家の先生やイラストレーターの方では、ペンタブレットを用いて絵をかかれていることも多いです。
しかしもちろん特別な機材なしで、マウスポインターを用いて絵を描く人もいます。
今では比較的簡単にパソコン上で絵を描くことができます。

しかしマウスでは絵は描きにくいと感じる人も多いと思います。
種々のドローイングソフトでは、ベクタ形式での表現を用いることで、非常に自由度が高く直線や曲線を書くことができます。

より本格的に、美しい画像を作成するのであればやはりペンタブレットの購入をおすすめします。
ペンタブレットを用いれば、手書きと同じような感覚でパソコン上で絵を描くことができますし、パソコンチックな画像を作ることも、漫画のような手書きチックの絵を可能です。
ですので、自分の作りたい画像の種類に応じて使い分けが可能であるペンタブレットで作成することを自分はおすすめします。

TOPへ戻る