今流行のドローイングソフトをどのように使い、どのように新しさを取り入れていくか

どうやってパソコンで絵を書くのか

今流行の画像編集

今若者の間では写真が流行っています。
街中や観光地では、一眼レンズやコンパクトデジカメを引っさげた大学生やOLをよく見るようになりました。
しかし写真を取る事によって画像に興味を持ったためか、最近ネットのブログや、種々のサイトで見る写真もオートシェイプ機能などを用いて簡単に作られたものではなく、非常に複雑に作られたものになっていると感じます。

特に私がそれを顕著に感じるのは学習系のサイトを見るときです。
以前では種々の教科書などの切り抜き写真が載せられている場合が多かったように感じますが、最近では非常に分かりやすいように改変されたオリジナルのイラストをよく見るようになりました。このように最近では素人でも非常に簡単に画像を作製することができるので、ドローイングソフトはよく用いられるようになっています。

若者でも簡単にできる

昔からあるパソコン上で用いるドローイングソフトは、少し複雑で分かりにくい部分や、専門的な知識を必要とする部分があるため、完璧に使いこなすためには少しの勉強が必要となります。
もちろん勉強して使いこなせるようになれば、作成される画像の美しさや分かりやすさは、他の画像とは比較になりません。

しかし今ではスマホやタブレットが普及し、誰でも簡単に画像編集を行ったり、絵を書いたりできる時代がやってきています。
スマホで撮った写真などを元にして画像編集や、新規の画像作成を行う事もできますし、今やタブレットとタッチペンを用いることで、ペンタブレットに負けないほど美しい絵を書くこともできます。
個人的にはこれらの簡単なアプリから慣れていくことで、ドローイングソフトを用いたパソコンでのより高度な画像編集も簡単になれることができるのではないかと思います。


この記事をシェアする
TOPへ戻る