今流行のドローイングソフトをどのように使い、どのように新しさを取り入れていくか

ドローイングソフトでどのようなことができるのか?

案外画像って簡単に作れる!

案外知らない人も多いようですが、WordやPowerPointのようなOffice系のアプリに標準搭載されている、オートシェイプを用いれば案外きれいな図を書くことも可能です。
ですので、ちょっと会社や学校のレポートやプレゼンテーションに用いる図を作りたいだけならば、十分標準搭載されているオートシェイプ機能で賄えます。

また最近ではWindowsではペイントソフトや、Macであればプレビューソフトである程度の画像編集や絵を描くことなら行うことができます。
一昔前では手を付けがたかったこれらのソフトですが、今の若者は簡単にこれを使いこなします。
これらのソフトで十分行える操作ならば、高価なドローイングソフトを購入する必要もないと私は思います。

いつドローイングソフトを用いるのか

前述のように、今や画像編集は簡単に行うことができます。
ではどのような時にドローイングソフトを用いるのでしょうか。

ドローイングソフトと通常の画像編集ソフトと異なるところはやはり、自由度が非常に高いというところであるのでは無いかと思います。
きれいな曲線を自在に変化させて書くことや、オートシェイプ機能などでは表現できないものを表現することが可能です。
また実際ある写真から、分かりやすい解説画像を作製したりすることが可能であるという点も、ドローイングソフト特有の特徴ではないかと考えられます。

基本的にネットで見るようなかわいい画像や美しい画像はドローイングソフトで編集されたものが多いと思います。
分かりやすい、美しい、かわいいなど、他の画像よりも秀でた画像を作成したい場合には、ドローイングソフトを用いることをおすすめします。


この記事をシェアする
TOPへ戻る