今流行のドローイングソフトをどのように使い、どのように新しさを取り入れていくか

最新版に即更新すべき?

ソフトの更新

知らない人も多いかもしれませんが、パソコンのソフトは今では逐一更新されるようになっています。
一昔前までは、CDが販売されていてそれを購入してパソコンにインストールするというパッケージ式が一般的でした。
このパッケージ式は細かな更新はある場合もありますが、基本的には購入した際のままというものが多かったです。

しかし今現在では、このようなパッケージ式よりもインターネットからダウンロードするダウンロード式が主流となってきています。
このダウンロード式にも永続ライセンスや、月額ライセンスなどの種類がありますが、基本的には次々と更新バージョンが出され、常に最新バージョンを使うことができるようになっています。

しかしモデルが替わると使い方などが変わってきたりするので、容易にコロコロとバージョンを変えるのはおすすめできません。

ドローイングソフトの場合は?

前述のように、ソフトはコロコロと最新バージョンが出たからと言って更新しないほうがいいというのは、私自身の意見です。
最近のMac版のWord2016のように更新することで調子が悪くなってしまったりするのが良い例では無いでしょうか。

しかしドローイングソフトの場合は微妙なところがあります。もちろん使い勝手が変わってしまうのがヤダという人は更新しないほうがいいかとも思いますが、ドローイングソフトなどのクリエイティブ系のソフトの場合、更新することで種々の内蔵されている機能がよくなる可能性が高いです。
どういうことかというと、今までできなかった表現方法ができるようになったりするということです。

ですので、ドローイングソフトはこまめに最新版に更新したほうがいいかとは思いますが、不具合が起こる場合などもあるため、まずはネットで最新バージョンの評判を調べてから、更新するほうがいいのではないかと自分は思います。


この記事をシェアする
TOPへ戻る